CodeCode

なんか色々おぼえ書き。だいたいweb制作関連。

git stashの覚書

git

作業の途中に別の作業を頼まれた、作業をするブランチを間違えた。
そんな時に、便利なのが git stash

普段は、AtlassianのSourceTreeを使うことが多いですが、ちょっとした作業なのにいちいちSourceTree立ち上げて、GUIで設定とかするのが面倒だったりするので、CUIでやることも最近は多くなってきました。

基本的なコマンドは覚えてますが、使う機会が少ないコマンドは忘れてしまうのでここに覚書として残しておこうかと思って書いておく。

git stashとは

変更を一時的に退避(スタッシュ)しておくことのできる機能。

上にあるように、作業途中に別の作業をするときや、作業をするブランチを間違えたときにそのまま

でブランチを切り替えるとエラーが出る場合がほとんど。

なので、その場合はの対処法は2つ。

git commit

一旦コミットして、作業するはずだったブランチに切り替えてマージして、元のブランチに戻ってそのコミットを削除する。
言葉で書くとすごくわかりづらい。
ということはこれをCUIですると、ミスる可能性が大きい。

git stash

作業中のブランチで、

作業するはずだったブランチに切り替えて、

で退避させて変更を適用して、スタッシュを削除する。

こちらの方がとてもシンプルでわかりやすい。

git stashのオプション

メッセージをつけて保存しておくこともできる。

スタッシュのリストを表示

リストのN番目のスタッシュを適応して、そのスタッシュを削除

スタッシュは適用し、適用したスタッシュを残す

リストのN番目のスタッシュを適応して、そのスタッシュを削除

スタッシュを削除する

リストのN番目のスタッシュをスタッシュを削除する

記事一覧